カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史 / 大正十三年 きのえ ね

歴史

新刊

大正十三年 きのえ ね

竹田十岐生
サイズ:四六
ページ:216ページ
ISBNコード: 9784343012098
発行日:2023年12月
完成から100年を迎える阪神甲子園球場は、いつどんな経緯で造られたのか。誰のどんな決断で、あの大規模な形になったのか。
甲子(きのえね)の年に完成した球場が出来るまでの実話をベースにしたフィクションです。

◆目次より◆
・始まり
・摂津の暴れ川
・阪神国道と甲子園
・暴れ川武庫川改修工事
・少年御厨基綱単身米国留学
・外山脩造と御厨元綱
・長年の夢に向かって始動
・大震災が関東を襲う
・東洋一の球場建設工事が始まった
・野球場の命、グラウンドの土造り

※本書は、阪神甲子園球場が竣工するまでの物語を一部事実に基づいて著したフィクションです。
定価:1,870(税込)

ご購入はこちら

  • アマゾン
KOBE自費出版web
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ