カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史(播磨) / BanCul 2023年冬号 126号

歴史(播磨)

新刊

BanCul 2023年冬号 126号

バンカル編集室・編
サイズ:B5判
ページ:112ページ
ISBNコード: 9784343011626
発行日:2022年12月
1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」などと共に、日本初の世界遺産に登録された姫路城。2023年には、登録から30年を迎えます。
30年の間、姫路城を取り巻く状況は変化し続けてきました。
平成の大修理、城ブーム、外国人観光客の増加、コロナ禍……。


30年を迎えるにあたり、姫路城の歩みを振り返るとともに、新たな取り組みなどを紹介します。


◆お菊さんのいる姫路城 松田青子
◆世界遺産登録三十年を迎えた姫路城 ―これまでの三十年とこれから 大谷輝彦
◆世界遺産登録三十年 無二の価値に もっと磨きを 山下史朗
◆姫路城絵図が示した御殿復元への可能性 工藤茂博
◆発掘された城と城下町 森恒裕
◆世界遺産第一号のまちは今
法隆寺地域の仏教建造物 / 白神山地 / 屋久島
◆世界遺産30年の城下を歩く
姫路城内 / 三の丸広場 / 中曲輪 / 城西地区 / 外堀周辺 / 野里
◆城下町の「旗」を立てる バッファゾーン・野里からの視点 塩本知久
◆世界遺産登録三十年 先人から受け継いだ遺産の新たな魅力を発信 姫路市観光課
◆スケッチ探訪 お城の中の動物園 伊藤太一
定価:755(税込)

ご購入はこちら

  • アマゾン
  • honto
KOBE自費出版web
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ