カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史 / 宋斤・永尾利三郎と尼崎

歴史

新刊

宋斤・永尾利三郎と尼崎

羽間美智子・著
サイズ:A5上製
ページ:112ページ
ISBNコード: 9784343011183
発行日:2021年6月
永尾利三郎は号を宋斤と称し、俳誌『早春』を主宰する大正・昭和期の関西俳壇の重鎮であった。しかし、司書であり郷土史研究にも携わる著者が注目したのは、もう一つの仕事―尼崎市立図書館員時代の『尼崎志』の編纂だった。史料の収集から古文書の翻刻、原稿の執筆までをたった一人で成し遂げた利三郎の、尼崎での仕事ぶりを丹念に追い、これまで知られていなかったその事跡を明らかにします。

【目 次】
1.永尾利三郎の生涯
2.永尾利三郎と尼崎図書館
3.尼崎での日々
4.尼崎市史編纂の気運
5.尼崎郷土史料展覧会の開催
6.市史編纂の開始と『尼崎志』の刊行
7.利三郎 尼崎を去る
付記 図書館随想
定価:1,650(税込)

ご購入はこちら

  • アマゾン
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • ジュンク堂書店
  • セブンネット書店
  • honto
KOBE自費出版web
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ