カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史
書籍カテゴリー Book Category

歴史 (86件の登録商品)

ぼくのふるさとは明石です

戦争はぼくらにとって空気みたいなものだった

暗い霧が広がる中でも、子どもたちは駆けずり回って遊んでいた。少年の眼に焼き付いた”あの頃”の明石の物語。
◇山本里美 著
定価:1,580(税別)

大阪・神戸 わがまち ゆかりの偉人

大阪府や兵庫県ゆかりの偉人61人ピックアップ。その生涯や業績をコンパクトに紹介し、彼らの業績や情熱を次世代へ伝えます。偉人をもっと知りたい人に、博物館なども収録しました。
◇(株)自然総研 トイロ倶楽部・編
定価:980(税別)

神戸の歴史ノート

神戸の歴史が待望のコンパクト版になりました。
多くの古墳や出土品からみる古代、南北朝動乱の舞台となった中世、経済と文化が花開いた近世、開港とともに世界へと開かれた近代、そして戦禍と震災から復興する現代まで、神戸の通史を分かりやすく解説しています。
◇田辺眞人 谷口義子・著
定価:1,300(税別)

ひょうごの日本庭園~図絵で読み解く~

兵庫県内の文化財や新しく調査した庭79庭を、県内庭園研究の第一人者が解説。分かりやすくスケッチと平面図を添えました。自然と日本人の心と技が生み出した独特の空間美を、その地の歴史や、作庭された“背景”とともにじっくり読み解きませんか。
◇西桂・著、三谷景一郎・画
定価:2,000(税別)

山田錦物語 人と風土が育てた日本一の酒米【第2版】

極上の日本酒を生む最高の酒米「山田錦」。本書は兵庫の酒米試験地で研究に携わってきた4名の共同執筆により、米の特徴や栽培風土、昭和11年に兵庫県で誕生して以来80年余のさまざまなエピソードなどを網羅した「山田錦」ガイドの決定版です。第2版出来!
◇兵庫酒米研究グループ・編著
定価:1,600(税別)

我がまちの人情喜劇「銀の馬車道」 演劇が生んだ地域のつながり

日本遺産に登録された「銀の馬車道」をテーマに、地域住民がつくりあげた演劇がある。劇団が生まれて10年。20回近くも公演を続けてきた中で、どんなドラマがあったのか。軌跡をたどり、かかわった人々の思いを伝える。まちおこしに演劇を使った好例。地域が輝くためのヒントになる一冊。
◇NPO法人姫路コンベンションサポート・編著
定価:1,000(税別)

地域歴史遺産と現代社会 地域づくりの基礎知識1

地域の歴史や文化を、どう活用すればいいのか―いま日本各地で取り組まれている大きな課題の一つです。
阪神・淡路大震災を契機として、神戸大学が実践してきた歴史資料の保全、自治体・地域団体との連携の具体例を示しながら、魅力ある「まち」と「ひと」を創り出すヒントを紹介します。


◇奥村 弘 村井良介 木村修二・編
定価:2,300(税別)

川西の歴史今昔 猪名川から見た人とくらし

川西市をはじめとする猪名川流域の古代から現代までを、史料に基づき、また現地を踏査しながら丹念にたどることで、猪名川の自然に育まれた地域の歴史が浮き彫りに。「古代の猪名川」「中世社会の展開と猪名川」「近世の村と猪名川」「近現代の変化と猪名川」の全4章を収録。
◇小田 康徳・著
定価:2,000(税別)

絵葉書で見る神戸 ハイカラ・モダンの時代

明治・大正・昭和。ハイカラ、モダンと呼ばれた時代の神戸を絵葉書や写真など貴重な資料で振り返る。
◇石戸信也
定価:2,000(税別)

神戸とコーヒー 港からはじまる物語

開港とともにいち早くコーヒーに親しみ、神戸に根付いたコーヒー文化。豆の輸入や西洋の食文化などから、神戸独自の喫茶店文化も発展してきました。コーヒーの街・神戸の魅力を再発見できる一冊です。
◇UCCコーヒー博物館・監修
定価:1,600(税別)
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ