カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 新刊
書籍カテゴリー Book Category

新刊 (17件の登録商品)

家康と播磨の藩主

「播磨の殿さま群像」シリーズ最新刊! 「家康」をキーワードにさぐる播磨の歴史。池田輝政、後藤又兵衛、小笠原忠真など、深い結びつきを持つ人物から知られざる「家康」が明らかに。
◇播磨学研究所・編
定価:1,800(税別)

丹波布復興の父 金子貫道

昭和29年、丹波布復興協会(丹波布技術保存会)の会長となり、丹波布の技術再現と復興に力を尽くした金子貫道(かねこかんどう)の足跡を辿ります。失われた歴史に光が当たり、新しい発見と感動に誘われます。
◇滝川秀行
定価:1,852(税別)

南大阪ふらり旅 河内・泉州歴史探訪

泉州・河内や大阪市の南部を、ふらり旅。そこには、地域で守ってきた文化財や地元の英雄、武勇伝が伝えられ、美しい景色と、心温まる出会いがありました。ガイドブックにない旅をこの本でお楽しみください。
◇國眼隆一とTOYRO倶楽部・編著
定価:1,200(税別)

神戸高商と神戸商大の会計学徒たち その苦闘と栄光

日本の近代経営のルーツ、簿記・会計学の明治以来の歩みをつづる。ビジネス科学の立ち上げに燃えた、神戸大学の前身校、神戸高等商業学校・神戸商業大学の若き研究者たちの苦闘の軌跡を克明にたどる意欲作。
◇岡部孝好・著
定価:2,000(税別)

ワニと猫とかっぱ それから・・・

子どもの心を育む児童文学集。主人公と一緒に笑ったり、ドキドキしたり、あせったり、考えたり・・・物語の世界へ入ろう。児童文学同人の会「花」の25周年記念出版。11人による11本のアンソロジー。
◇花・編
定価:1,400(税別)

触媒のうた

のじぎく文庫を企画創設し、近現代文学史の中で多くの作家・作品を発掘、紹介。日本の文芸と出版文化の興隆に全力を注いできた宮崎修二朗氏の貴重な証言を記録した、博覧強記の文学談義。
◇今村欣史
定価:1,800(税別)

ぺケポコ福 幸運に巡り合った三きょうだい

捨て犬のまま生を終える運命を危機一髪でまぬがれた、性格も体格も違う三匹の雑種犬、ペケ・ポコ・福。一つ屋根のもとで「三きょうだい」となって共に助け合い励まし合い、お互いの命を繋いで生きた20数年間の物語です。
◇松田明子・
定価:1,000(税別)

神戸ものがたり

ミステリー、歴史小説に多くの傑作を残した直木賞作家による、生まれ育った神戸への思いを綴った名エッセイが20年ぶりに復活しました。併せて、神戸新聞連載『わが心の自叙伝』を単行本初収録。
◇陳舜臣・
定価:1,800(税別)

遙かな海路 巨大商社・鈴木商店が残したもの

開港後まもなく神戸で生まれた鈴木商店。番頭・金子直吉が売上日本一にまで牽引し、今につながる数多くの関連企業を作ったが、昭和金融恐慌で破綻した。鈴木商店の盛衰から何を学ぶか。現代ビジネスのヒントになる書。神戸新聞連載の単行本化。
◇神戸新聞社・編
定価:1,800(税別)

四季に見る 日本の心と人・文化

気候風土と密接な日本の暮らし。折々の風や雲、草花や鳥、季節の風物詩に託して天気予報の専門家がつづる、四季のエッセイ。季節を意識することが少なくなった今こそ読みたい一冊。
◇杉山輝吉・
定価:1,500(税別)
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ