カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史(播磨)
書籍カテゴリー Book Category

歴史(播磨) (31件の登録商品)

姫路城主「名家のルーツ」を探る

姫路城を治めた城主の数は日本最多といわれ、今のお城が築かれて以降の江戸時代だけでも31人にものぼります。本書では10人の筆者が、その一族の背景や名家誕生の秘密を探ります。
◇播磨学研究所編
定価:1,700(税別)

捕虜として姫路・青野原を生きる

過酷な環境にありながらも、精いっぱい生きようとした捕虜たちの日常が、残された史料と新たに発見された写真によって明らかになる。
◇大津留 厚/奥村 弘/長野 順子
定価:800(税別)

はりま歴史見て歩き

播磨は歴史好きにとって、魅力的な土地だ。古代から近・現代まで、有名無名のさまざまな史跡が残り、豊かな伝承や民俗が大切に守られている。
◇埴岡 真弓
定価:1,700(税別)

赤松一族 八人の素顔

赤松氏を代表する8人のプロフィールと中世播磨の攻防の時代を浮き彫りに。播磨を動かし日本の歴史にも大きな足跡を残した、赤松一族の人物像に迫ります。
◇播磨学研究所編
定価:1,700(税別)

播磨から読み解く邪馬台国

播磨という地域が、卑弥呼の邪馬台国と、それに続く大和政権の誕生に深くかかわっていることの現れなのか――邪馬台国の九州説・畿内説の論争と播磨の古墳時代のかかわりが、新しい考古学事情から次第に明らかに――。
◇播磨学研究所編
定価:1,700(税別)

歴史絵本 官兵衛さんの大きな夢

戦国の世、秀吉の天下統一を支えた名参謀として名高い黒田官兵衛(如水)。楽しみながら官兵衛を知り、次代に伝えることができる絵本です。(増刷出来)
◇柳谷 郁子・文 本山 一城・絵
定価:1,300(税別)

姫路城開城

歴史的転換期に姫路藩は、何を考え、どのような選択をしたか。残された史料に基づき、その軌跡を追った1冊。
◇藤原 龍雄
定価:1,800(税別)

世界遺産 姫路城 遊歩ガイド (改訂版)

2005年初版を改訂・新装。究極の名城、世界文化遺産の城を旅するガイドブック。
◇寺林 峻編・北村 泰生写真
定価:1,000(税別)

ふるさとの川紀行

人々の暮らしと密接にかかわりつづけてきた神戸・東播磨の30河川をたずねて、流域の歴史や自然などを紹介する。
◇ビジュアルブックス編集委員会編
定価:1,000(税別)

ふるさとの古寺三十三カ寺めぐり

人々の心の拠り所となる歴史あるお寺や寺宝・景観に特徴のあるお寺など、独自に三十三カ寺を選んだ1冊。
◇ビジュアルブックス編集委員会編
定価:1,000(税別)
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ