カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 文学・評論・エッセイ
書籍カテゴリー Book Category

文学・評論・エッセイ (33件の登録商品)

おはなしの森3

好評につき第3集発売!子どもの想像力を刺激し、情感を育てる21本の童話を収録。毎日の読み聞かせに、朝の読書会に最適な短編集です。
◇「おはなしの森」の会編
定価:1,500(税別)

声をあげよう 言葉を出そう

詩の選者を1985年から30年間続けている詩人・安水稔和氏の随想100篇に、阪神・淡路大震災発生直後に掲載された特別篇「声をあげよう 言葉を出そう」を加え、単行本化。
◇安水 稔和
定価:2,300(税別)

生あるかぎり言葉を集め 神戸、この街で―わが心の自叙伝―

神戸に生まれ、神戸に育ち言葉を生み、言葉を育ててきた 詩人の軌跡。2011年9月4日の第1回「神戸っ子」から2012年10月7日の最終回「神戸、この街で」まで、55回にわたって神戸新聞日曜朝刊に連載された詩人・安水稔和氏の「わが心の自叙伝」をまとめました。
◇安水 稔和
定価:1,600(税別)

となりのボクちゃん。

著者が幼少期を過ごした明石の街と、昭和という時代の記憶をモチーフに、子供から大人まで皆の心の中にいる本当の自分を探し求め、描いた画文集。
◇中崎 宣弘・絵/文
定価:1,500(税別)

おはなしの森2

心が温かくなったり、わくわく、どきどきする21編の物語。読み聞かせや、朝の読書会、音読にも最適の短編集です。
◇「おはなしの森」の会編
定価:1,500(税別)

阪神間からの贈りもの

風光明媚な風土に、芸術・文学などあらゆるジャンルの文化が凝縮した独特のエリア。阪神間に集い、文化をこよなく愛する人々が綴る「次世代に伝えたい、阪神間モダニズムの系譜」
◇阪神文化交游会編
定価:1,600(税別)

新・神戸の残り香

不世出の切り絵作家が、モノクロの世界で刻む港町の光と影、香り立つ大人の匂い。2012年、著者の急逝により57回で終了した連載に同時期の連作「神戸ハーバーシルエット」を加え、巻末に未発表作品を含む切り絵集、年譜を収録。
◇成田 一徹・切り絵/文
定価:1,700(税別)

正平調 書き写しノート 第3版

神戸新聞朝刊一面コラム「正平調」の書き写しノート。
◇神戸新聞社編
定価:200(税別)

おはなしの森

小さなお子さまから大人まで楽しめる、ハートウォーミングストーリー。朗読会や、読み聞かせにも最適です。朗読会や、読み聞かせにも最適です。
◇「おはなしの森」の会編
定価:1,500(税別)

あんなモノ こんなモノ ないものねだりも

版画と味わい深い手書きの文章で、写真や活字とは違った手作りの温もりを伝える画文集。岩田健三郎氏の手刷りによるオリジナル版画つき
◇岩田 健三郎
定価:2,000(税別)
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ