カテゴリーから探す
もっと見る
HOME / 書籍カテゴリー / 歴史(神戸) / 神戸と映画 映画館と観客の記憶

歴史(神戸)

新刊

神戸と映画 映画館と観客の記憶

板倉史明・編著
サイズ:四六判
ページ:376P
ISBNコード: 978434301039-1
発行日:2019年4月
エジソンの発明による映写機=キネトスコープが明治29年(1896)に日本初上陸した街、神戸。日本の映画史に多くの足跡を残す神戸と映画の関わりを、多様なテーマから明らかに。映画館で見た映画、映画館があった街並み、それぞれの記憶もまたよみがえります。
【内容の一部】
○「盛り場」新開地から「都市」三宮へ ○日本映画史、神戸にはじまる ○神戸新開地のトーキー反対争議 ○焼け跡の映画興行をめぐる占領と復興 ○ミニシアター・シネコンからその先へ ○絵葉書に見る神戸の映画史  他
○コラム:兵庫の映画撮影所、神戸出身映画スター、神戸の映画雑誌など(神戸新聞夕刊連載「キネマコウベ」を改稿)他
★1950年代の神戸映画館マップ、人名・作品名索引を収録
定価:1,850(税別)

ご購入はこちら

  • アマゾン
  • 楽天ブックス
  • honto
ふるさと発見新聞社の本
神戸新聞社
株式会社神戸新聞総合印刷
ワンダフルコウベ